微笑んでいる美人

ハイドロキノンのデメリットと注意点

きれいな肌を持っている女性

ハイドロキノンには「漂白作用」があることで知られています。
それは、ハイドロキノンには、シミやしわの原因と言われているメラニン色素を生成する酵素の働きを抑制し、メラノサイトと呼ばれるメラニン色素を作る細胞の数を減少させる働きがあるからです。
よってハイドロキノンを塗布することにより、シミやしわを改善できると言われています。
ビタミンCやプラセンタなども同様の作用があるのですが、ハイドロキノンは、すでに生じているシミを取り除く効果もあるのです。
しかし、デメリットもあります。
ハイドロキノンの濃度が高ければお肌の漂白効果や即効性は高くなりますが、それに伴い、お肌への刺激も強くなります。
ですから、ハイドロキノンを配合したクリームの使用方法や使用量を誤ると、「白斑」と言って肌の一部だけが真っ白くなってしまうという肌トラブルにつながる恐れがあります。
シミやしわの部分だけにつけるということも大切です。
他の部位に間違ってつけるとこういったトラブルが起こりやすくなります。
副作用として報告されている例では、白斑のほかにも、かぶれ、赤くなる、ヒリヒリする、アレルギー症状があります。
ですから、より安全で適切にハイドロキノンによる両方をするためには必ず、専門医の下で使用することが望ましいでしょう。
特に敏感肌や肌がデリケートな体質の方は注意が必要です。
以前は、皮膚科の医師や薬剤師など専門的な知識を持った方のみが処方できましたが、2001年の薬事法の改正で化粧品の成分として配合される成分数が緩和されたことで、ハイドロキノンは美白化粧品の成分として配合できるようになり、消費者が手に入れられやすくなったこともこういったトラブルが起こる要因の一つです。

関連記事